▲ミニ画像クリックで画像を切り替えます。
【1枚目】日野橋店「メイト」
【2枚目】日野橋店「コンパニオン」
【3枚目】アンアミラーズ/オレンジ色+ノーマル
【4枚目】アンアミラーズ/ピンク色+リーダー
【5枚目】馬車道/紫
【6枚目】神戸屋キッチン


街のメイドさんたるウエイトレス制服というジャンルを知って以降、当然な流れとしてアンナミラーズやブロンズパロット、神戸屋といった数々の魅惑の制服を知ることになった。前述の街のメイドさんを紹介するHPをはじめとしたウェブページから得た情報もあったが、1998年の冬コミで購入した制服系の同人誌の影響のほうが大きかったように思う。それはまさに、その後自分たちで実行することになった制服探検の本だったのだ。特に、とても飲食店の制服とは思えない強烈な印象を持つブロンズパロットの制服は、幻とも言われるほどのレアリティも相まって一度は実際に見てみたいと願って止まないものであり、何度も絵のモチーフとして描いてしまったほどである。

1999年夏、コミケ上京の折にその機会は訪れた。八王子在住だったチャットメンバーの好意により車で立川を案内してもらえることとなったのである。
当時の夏コミは、一日目は全年齢、二日目は女性向け、三日目は男性向けとはっきり分かれており、用のない二日目は東京観光に使うのが常であった。そしてまさに二日目を利用して立川行きが実行されたのである。
いよいよ実施の日。神戸屋キッチンで朝食を取り、待ち合わせ場所である新宿へと移動し、参加者4人が合流した。ブロパは夕食時に利用することとして、それまでの時間は観光やほかのお店への訪問に使うこととなった。靖国神社に参拝のあと20号線を西へ向かい、まずは八王子の馬車道で昼食を取った。その日は台風が接近しており、時折強い雨が降っていた。途中横切った多摩川では茶色く濁った水が氾濫しそうな勢いで流れていた。後から知ったことであるが、そのとき神奈川では13人が犠牲となる玄倉川水難事故が発生していたそうである。車のラジオでは国道20号線(16号線だったかもしれない)が大雨により通行止めになったと知らせていたが、本来なら混雑するブロパにやってくる人が足止めされるだろうから、不謹慎ながらむしろ歓迎であった。八王子の馬車道を出たあとは立川へ移動、時間的にはまだまだ余裕があったため、立川高島屋9階のアンナミラーズに入店。そこで時間つぶしをしていたが、結局は予定よりやや早い午後5時頃には日野橋へ移動、最終目的地であるブロンズパロットに入店した。雨はだいぶ小降りになっていたが、夕食時よりやや早い時間であったことも相まってお店は空いていた。そしてついにねんがんのメイト服なウエイトレスさんを見ることができたのである。注文したのは4人とも特製ハンバーグであった。このメニューはハンバーグを細かく切ってソースをかけてくれるというサービスがある。それを4人分であるから、その間は至近距離で制服を観察できるというわけである。
こうして最強最後の立川制服探検は、今でもはっきり覚えているほど強烈な印象とともに終了となった。

こうして訪れることが叶ったブロンズパロットであったが、同年冬コミの折に訪れた際にはメイト服なウエイトレスさんには出会えなかった。翌2000年の夏コミで訪れたときは店を出る時にようやく見かけるというタイミングの悪さであった。そしてそのすぐ後の9月には閉店となり、再び見ることは永久になくなってしまったのである。ちなみにこの立川行きの際に利用した4軒のお店のうち、日吉の神戸屋キッチンと立川高島屋のアンナミラーズもその後閉店してしまい、現在も残っているのは元八王子の馬車道だけとなってしまった。


2014.11
<メインページに戻る