Doujin Software Products since 1989

Cities:Skykines プレイログ(4)シナリオ~汚水シティー・その8【排水浄化作戦】

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

都市拡張で水不足が発生し上水の給水が止まっていました
水量の充足度は水系が複数あるとその平均で表示されるので各水系の状況が把握しにくくなる欠点があります
2つの水系を統一するには湖に残る汚水の除去を完了させて工業用水系を廃止しなければなりません
農業地区はほぼ農家で埋め尽くされました
例によって雇用者不足が発生して廃墟が発生しているので住宅地の拡張が必要ですが、商業地の需要も高まっているのでこちらも対処しないといけません
まずは商業地の拡大…またまたオーガニックです
農業地と住宅地の間に配置したのでお買い物に便利かと思います
農家から直接仕入れてくるかどうかはわかりません(一般産業を経由していないのでたぶんだめだ)
旧市街商業地のオーガニック化も完了したようでなかなかの眺めになってます
続いて住宅地の拡大
ここが埋まれば人口は3~4万人にはなるかと思います

直結したインターチェンジから続くメイン大通りはかなりの騒音が予想されるので沿道にはびっしりと植樹を施しました
こんな感じ…
ここは氷川神社の参道か?:(;゙゚”ω゚”):
排水が増えたため内陸系処理施設を増強
土壌汚染域を市街地に近づけないため産業地の一角に食い込んでしまいました
上水供給が止まった影響か、湖におかしな汚染域が広がってしまいました
対岸まで伸びてしまっているので除去するのが大変そうだ…
とりあえず湖底に水路を掘り下げてこの流れに撒き込めないか試してみます
それから人口が急増して36000に到達し「主要都市」となりました
これで排水対策の切り札となるエコ下水処理施設が使用可能となります
繰り返し発生するゴミ問題の対処も開始
資金に余裕ができてきたので廃棄物処理システムの都市への実装を行います

リサイクルセンターは使いやすい施設だけど僅かながら汚染を発生させるので都市の徹底浄化を考えるなら使い続けるわけにはいきません
処理施設はマップ片隅のこの場所に配置
対面通行高速道路で結んであるのでそれなりに迅速なはずです
あまりにも遠すぎてスターター電源や水利の確保が難しいのでとりあえず独立系としました
のちのち都市がここまで伸びてきたら撤去します
続いて汚水処理の実験
これに成功すれば処理した汚水を上水として取り込んでサイクルが回せるので大地に汚れを押し付けなくて済みます

まずはエコ排水処理施設をここに…ってデカいなこれ
ちょっと住民にどいてもらって水路を延長しました

処理済み汚水が流れ出る水路の先には浮遊ゴミ回収装置を複数配置
理屈上は「ほとんど浄化」された汚水を回収装置がさらに浄化することで汚染を完全に取り除けるはずです

では試してみましょう
水産業情報での確認
水路内に排出された「ほとんど浄化された」汚染水が回収装置を通ることで消えてその先の漁場が守られているように見えます
続いて汚染度情報での確認
水流を示す矢印がごく薄い茶色になっているけど回収装置の先では消えています

最初にあった汚染水はこのときまでに完全除去が完了したようでついに汚染水域がなくなりました
各種情報でも汚染は確認できませんでしたが、どうにも水がうっすら汚れて見えるのが気になります
流れのない湖なのでコンマいくつかの汚染度が蓄積していくのかもしれません

残念ながら実用は取りやめることにして内陸処理に戻しました

続き → http://studio-ray.jp/blog/?p=1799

Comments are closed.