Doujin Software Products since 1989

Cities:Skykines プレイログ(3)津波とたたかうシティー・リベンジ・その1

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

前回 → http://studio-ray.jp/blog/?p=1236

津波とたたかうシティー・リベンジ
マップは前回と同じエデンバレー
前回は隣のマップからの水の侵入でやられてしまったので(画像中)左の巨大油田を諦めマップ位置をより長い海岸線を守れる右に1つずらして再スタート(`・ω・´)

これはざっくりグランドデザインを終えたところ
今回も三重の壁で津波と戦います
右下に海面が見えるので念のため裏側にも壁

※このログは話をわかりやすくするため時系列を一部入れ替えています
※←マークのある項目は後日追加した補足です
幅の狭いほうの水路ならぎりぎり渡れることがわかったので、今回は所々切り欠きを入れて細い水路に変え通路にする改良を施しました
中世の砦みたいだな:(;゙゚”ω゚”):

4か所ある資源地帯(油田、森林、肥沃な大地、鉱山)には4種類ある産業エリアをざっくり割り当て、残った部分に住居地区と商業地区をかためて置く計画
もちろんこんな作り方をするととんでもない大渋滞が発生するので今回は鉄道メインで!(お勧めできない

どちらにせよこんな細い抜け道に高速道路を通す余裕などないので鉄道でいくしかありません
どうせなら地下鉄も禁止にして鉄道のみで
どう見ても塹壕(゚д゚)

都市部の運河の水量調整のために時間を進めていたので雷雨が来て森林が焼けコゲてしまいました
この地をエルフの村とする
外部との接続も鉄道(と海路)のみに
高速道路は塞いでしまったので鉄道線路を通さないと住民が来ません!
鉄道インターチェンジ(滅茶苦茶

4方向どちらからでも左への分岐のみで目的の路線に入れるように繋いであります
鉄道渋滞回避には必須!
シティーズで鉄道メインで回そうとしたら分岐は全部この形にしないといけない:(;゙゚”ω゚”):

左側通行の場合、ポイントで右に分岐しようとすると右車線を遮ってしまってその通過待ちで右車線を渋滞させてしまうので、一方通行単線を使って左から分岐し左から合流して目的の路線に繋ぐってのを丁寧にやれば互いにすれ違うことができかなり渋滞を回避できることがわかってます
ただしクッソ面倒くさい

鉄道系といえばA列車シリーズ(特に4/8)はかなりやり込んだけど、あれは列車が隙間なく数珠繋ぎになるなんてまずなくて普通にポイント設けて分岐制御を予約しておくだけで済むので路線作成は簡単なんだよなぁ(´・ω・`)

A列車は車輛を保有して路線上に配置しどこで分岐するかどこに停車するかを個別に設定していくシステムだけど、シティーズの場合は駅に対して輸送需要が発生するとトラックや自家用車と同じように車輛がポンと出現して(駅ごとの上限はある)走り始めるらしく、駅をたくさん配置するとそれぞれが勝手に列車を生み出して路線上が列車だらけになってしまうという車輛単位の管理が全くできないシステムというのがクセモノ
無防備な沿岸部には港を置くだけのはずだったのについイロイロ置いてしまう(´ー`)
左と右にあるのが貨物列車から貨物船に直接貨物を積み替えできる貨物ハブ
中央は標準の旅客港と旅客駅
漁港と桟橋はオマケです

ここが輸出入の要になります(予定
貨物駅につながる路線はは全て本線から分岐させて通過線を確保しとかないと渋滞しちゃう:(;゙゚”ω゚”):
あこれをやっても入駅待ちの列車がつながって本線まではみだしてしまうと結局詰まるんだけど、待機線をそう長くは取れないから仕方がない
もちろんここも左右分離ですれ違えるように
産業エリア(予定)の線路を配置完了

外周を廻っているのが貨物駅を結ぶ路線
まんなかを通っている路線は主に通勤用を運ぶ用に旅客駅を結んだ路線
どのルートも鉄道インターチェンジで相互乗り入れ可能にしてあるのであとは勝手に最適コースを選んで動いてくれるかと:(;゙゚”ω゚”):

水抜き用の細い掘で分断された3つのエリアのうち左には油田があるので石油産業特化のエリア、中央は森林があるので林業特化のエリアを配置する予定
右には肥沃な大地(農業特化向き)があるけどほかにもっと大きな場所があるので、ここは複合産業のユニーク工場と一般産業の場所にします
居住区商業区あたりは成長に合わせて調整していくので路線はざっくり配置

DLCの大型駅には両側に各6本の複線線路を接続できるので、上から港直通便、産業エリアへの通勤ライン、商業地区行き、鉱業エリア行き、農業エリア行きの各ターミナルに使用し、いちばん下は住宅区内の環状線に組み込んで乗り換え駅となる予定
商業区行きを環状線化するための路線も準備

今回は地下鉄を使わない方針なので全部鉄道で回します

本来は都市を育てながら徐々に路線を伸ばしていくんだけど、配置済みの建物を避けながらしっかりとした路線を組むなんてのは至難の業で、資金稼ぎ&建物アンロック用の仮の都市も作らなきゃいけないのでとんでもなく時間がかかる作業になっちゃいます
今回は資金∞全アンロックで遊んでるので最初から全部敷設(`・ω・´)
市外から鉄道で住人を誘致する予定だったけど最初の住人は船でやってきたようだ
そしてお遊びで置いた漁港からめっちゃ漁船出てる:(;゙゚”ω゚”):
缶詰工場も置いてたのでいつのまにか輸出も始まってる:(;゙゚”ω゚”):
住宅区と商業区の建設も進行中

一応道路でつながってるんだけど市民に車を使わせないように郊外を大きく迂回するルートでめちゃくちゃ不便にしてあります(´∀`)
主にゴミ収集車用

自転車道は敷いてあるのでチャリンコ推奨都市

エリアごとに道路を閉じた分断構造にしているとバス車庫とか路面電車車庫とかをそれぞれのエリアごとにちゃんと置いてあっても「経路が接続されていません」の警告が出まくるので、どこかを繋いでおかなきゃいけない(気にしなければ機能はする)
なんとかしてほしいところ
今回もテーマは津波と戦う都市なのでシェルターと避難経路も確保(`・ω・´)

ロック全解除といっても制約はあって、最初の市民は学のないアホウばかりで高密度商業地区では働けないので学校で学び終える時期になるまで商業地は低密度しか使えんのです…
同様に建物種類ごとに学歴適正があるのでいきなり完成した都市を作ることまではできないということ
シティーズの大病院は山頂に置くものですよね!?
通院はロープウェイが便利です(`・ω・´)

お遊びでフェリー舟運用の運河も通してみたけど、これめちゃくちゃ水量調節が難しい:(;゙゚”ω゚”):
ときどき溢れるので排水サービス必須
そして無敵の山頂災害対策本部

災害対策関係建物全種完備、電気上下水道ゴミ処理まで全てここだけで完結してる要塞です(´∀`)
道路が繋がってないので通勤経路はロープウェイかヘリ
そいやシェルターへの備蓄食料搬入ルートを考慮してなかったわ
すまんな遠回りさせて(´・ω・`)

シェルターは配置すればOK!というわけではなく電気・食糧・水を備蓄しなければならず、どれかが切れると避難民が街を去ってしまうようなのです
特に食糧は外部から輸入してトラックでシェルターに搬入するので住宅地だけ固めたエリアとはいえ物資搬入ルートが必要ということに
今回の場合は港から貨物鉄道経由(もしくは外部からの鉄道路線)で最寄りの貨物駅まで運びそこからトラックで運ぶことになります

一応ルートは繋がっているけどシェルターが増えてきたら間に合わなくなるだろうな

なおシティーズの市民は災害で死ぬことはなく死因は病気か寿命のみで、住居を失ったり災害によって地価が下がったりすると街を去ってしまって跡地が廃墟化ということらしいので、災害死者回収のために霊柩車が走り回るということはないようです
不思議な世界だ

住民をシェルターに避難させ、備蓄が尽きる前にインフラや建物を復旧させて家に帰す、というのがNatural Disasterの基本骨子になっているようです

その2に続く → http://studio-ray.jp/blog/?p=1304

Comments are closed.